歯の矯正の仕組みについて

歯がうまく噛みあわない、寝ている時に口が開いてしまって閉じれない、食事をする際にかみ合わが悪くてアゴが疲れる、などのお口に関するお悩みがあれば、矯正歯科治療をしてみましょう。
そのまま放置していると、成人した時に変形した骨格になってしまいなかなか治りづらくなってしまいます。
矯正歯科というと、歯並びを綺麗に整えて見栄えを良くするだけのものと思われる方が多いと思います。
歯並びが綺麗になるだけではなく、お口の健康も良くなるため歯に関するさまざまな病気を予防することにもつながります。
その方法には2種類あって、一つは装着方法です。
そしてもう一つが、ブランケットという方法になります。
自分に合った方法がわからないという方は、病院へ行くことで適切な措置をしてもらえます。
矯正にはしておきたい時期というのがあります。
一番ベストなタイミングは小学生までと言われていますが、50代からでももちろん可能です。
ある程度年齢を重ねられた方の場合、歯の強さやアゴの強さなどが必要になるため、要相談です。
出来るだけ早くから取り掛かるのが一番ですが、いつまでも歯の健康を維持するためにも気になったときに相談に行くのがベストでしょう。http://www.kyousei-yokohama.com/about/about01.html