自分のペースに合わせて学習が出来る魅力

公認会計士を目指すメリットは人生においての自由度が上がることが挙げられます。
長期休暇を取得しやすいだけでなく、フレキシブルな勤務体系のため仕事の裁量さえ守られていればどのような働き方をしても良いという特徴があるのです。
在宅勤務やテレワークのような働き方を採用しているところも多いため、自宅で副業や勉強をしながらスキルアップをしているという人も少なくありません。
そして、更なるキャリアを積み重ねていきます。

では、公認会計士になるデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
それは登録の時間が非常に長いことが挙げられます。
資格取得をしてから2年間の実務経験と3年間の実務補習が必要になるため、もしも取得を考えているのであれば効率良く学習を行わなければいけません。
さらに、こちらは難関国家資格となっているため独学で勉強するのは非常にハードルが高くなっています。
そのため、講座に入会する必要があるのです。

CPAの公認会計士の講座はウェブ対応にもなっています。
昼間に仕事をしているという人でもハイクオリティな講座を自宅や出先で受けることが出来るため安心です。
また通勤時間も学習時間に充てることが出来るので効率的な勉強が可能となります。
また、先行学習が可能になっているため自分のペースに合わせて学習を進めることが出来ます。
時間があるときには積極的に先行学習を行い、余裕が無いときはペースを落とすなど柔軟な対応が可能になるのです。