保険会社からの提示額は裁判例より低い

自動車で交通事故を起こした場合、加入している保険会社からは金銭の支払いや賠償の有無については被害者と話をしないようにと指示されます。
被害者に対して誠実な対応は必要としながらも、お金の話はするなと言われると、気の小さな加害者はどうしていいか分からなくなることでしょう。
一方、被害者の立場からすると、事故を起こしたのに賠償の話は保険会社に任せているからできないと言われると、なんだかカチンと来たりします。
ほどなく保険会社の担当者がやってきて、賠償額の提示がなされます。
保険会社からの提示額は、ケガの程度などが類似した交通事故事の裁判例の認定額よりずっと低いケースがほとんどです。
保険会社のホームページには、裁判では賠償金が2億、3億になるケースもあるので、人身事故に関する補償は無制限で加入しましょうなどと、自動車保険の宣伝文句が掲載されています。
ですが、無制限にしたから保険会社としていくらでも払うという意味ではないのです。
損害に見合う最低ラインで慰謝料などの提示額に対して、被害者からの合意を取り付けるべく、それに向けて示談交渉をしてきます。
保険会社が言うのだから妥当な金額だろうと合意してしまうと、得られるものも得られなくなります。
交渉のプロに依頼して、有利な条件を引き出すようにしましょう。http://baishoukin.com/